雑談

3か月間エログを毎日更新して気付いた事 得た物【固まってきたコンセプト】

消費の時間が生産する時間に

3か月間エログを毎日更新して気付いた事 得た物

エログを3か月毎日更新した

さて、2021年6月30日を迎えた本日ですが、「AV速報」は毎日更新して3か月になります。

毎日更新したからこそ気付いた事や得たもの、そして毎日更新する方法について話をしようと思います。たった3か月、されど3か月。季節が一つ変わる位には更新しています。

数年昔にやっていたエログの事を急に思い出して再開した「AV速報」

毎日更新し始めたのは2021年3月31日からです。

エログを3か月毎日更新して気付いた事

感情を文字にするのは難しい レビューの難しさ

エログとして投稿される代表的な記事は「AVレビュー」だと思います。

概ね120分を超える人様の4つのセックスやフェラ抜きを、文字で伝える記事。正確に事実を伝えつつも、読んでいて「見てみたいなぁ」と思わせる書き方も必要になり、実際に書いてみると本当に難しかったです。

とっ散らかった最初のレビュー

最初に書いたレビューは、山岸逢花さんの「都合のイイ女 肉オナホ(逢花)エッロイ女に精飲&中出し放題」

レビュー 山岸逢花「都合のイイ女 肉オナホ(逢花)エッロイ女に精飲&中出し放題」

読み返してみるとプレイ内容を淡々と描いて、良い点改善点もごちゃまぜで書いて、「結局何が言いたいねん」というレビューでした。

しかも内容の充実度や表現を見ても、「これって他のサイトでも見れるんじゃないの?」と自分の中で疑問に思っていた事は事実です。AVレビューの記事なんて世の中に大量に有って、「このサイトのレビューじゃないと」と思ってもらえるレビューでは有りませんでした。

良い点改善点を分けて伝えるレビュー

他のレビューサイトさんとの違いを出すべく始めたのが、最後に良い点改善点を分けて伝える方法。

その1本目が小倉由菜さんの「【VR】美容部員 ゆなさん(B83 W58 H85)」

小倉由菜 【VR】美容部員 ゆなさん(B83 W58 H85)レビュー【☆5】

最高に抜けて【☆5】の評価となり、改善点は書けませんでしたが良い点を沢山書きました。

設定、セリフ、衣装、射精、、、作品を通して「何がどう良かったのか」を分かり易く具体的に書く事にしました。

人によって抜けるポイントは違うので、誰が見ても「何故このAVは抜けるのか」が分かる様にまとめているつもりです。

事実良い点改善点をまとめているAVレビューサイトさんは有るものの、ここまで細かく書いているサイトさんは中々ないのではと思います、

但し、プレイの説明は淡々としており、なんだかオリジナリティが無いなと感じていました。

プレイ解説では設定に入り込んでレビュー

文字だけで淡々とセックスを説明するのは味気ない。感情と感情のぶつかり合いがセックスなのに、「座位で挿入して腰振っていると、顔が近くて良かった」では、全くセックスのイメージが掴めない。

ならどうすれば文字で情景が伝わるのか。自分が今出している答えは「設定に入り込んで書く事」です。つまり男優さんが見ている風景や感情を伝えるようにしました。

例に出した「座位で挿入して腰振っていると、顔が近くて良かった」を書き換えると、「目の前で感じる相沢みなみを見ながらの、座位でのセックス。可愛さと美しさが高レベルで両立されている顔は、見ているだけで美術品の様。」と風景や感情を取り入れます。

レビュー 相沢みなみに射精の瞬間もベロキスで塞がれたままフィニッシュする新企画VR!【☆5】

これには高い素養が求められ、沢山の本やニュース、映像作品等々、あらゆるエンターテイメントを肌で触れ続ける必要が有り、まだまだ勉強中ですし、正解もないので無限に勉強できると思います。

プレイ解説、良い点改善点のまとめまで含めたレビューの3か月間の変遷はここまでですが、表現力や文章力を磨くべく、AVだけでなく沢山の文字や映像を日々追っています。

FANZAレビューの見方に付いてはこちらで解説しています。

抜けるAVの探し方 中級編「FANZAレビューを見抜け」ポイントは☆に惑わされない事

消費していた時間が生産する時間へ

エログを始める前からニュースを見たり読書をしたり、もちろんAVを見ている時間も、誰よりも多い自信が有りましたし、好きな時間でした。ただその時間って、自己満足だったので消費している時間だったんですよね。

インプットは多くてもアウトプットが無い。だからダラダラとyoutubeを見たりして休日が終わってしまう。

それがエログを始めて一変。ニュースを見ても読書をしても、分かり易い文章や読みやすい文章は何かと気にしたり、AVのサンプルを見ていても、何処か抜けそうか何処がイマイチか、自分の中で整理して見れるようになりました。

昔と変わらず日常的に好きな事に熱中しているだけですが、見え方が変わってきました。何となく掴んでいた「点」が「線」になって繋がりあう瞬間が増えてくる。

この事については、iPhoneを生み出したアップルの「スティーブジョブズ」さんが2005年スタンフォード大学の卒業式スピーチで述べた、「Connecting the dots」に繋がります。

私が尊敬する、堀江貴文さんが「Connecting the dots」について説明してくれています。

エログを3か月毎日更新して得たもの

得たものとしての一番は、先程の「Connecting the dots」を体感しつつある点かもしれませんが、エログにとっては「AVの選球眼」を手に入れた事が大きいです。

サンプル解説記事で得たAVの選球眼

サンプル動画を何本も何本も見続けていると、実際120分を超える作品で、主に何が起こるかを想像するトレーニングになります。そして、自分にとって抜けるポイントが有るのか探しやすくなります。

ここでは、新作サンプル解説記事をあえて解説してみます。

葵つかさ「清楚妻が金玉カラッぽになるまでチ●ポしゃぶりをやめてくれない」サンプル解説

まず最初ストーリー解説。

ここで大枠の流れを掴めます。乱交物が好きなら見なくていいし、情熱セックス系が好きならチェックした方が良い。

次に衣装解説。

多くの人は全裸が良いか着衣が良いか、ざっくりとこだわりが有るものと考えています。私は着衣派です。なので着衣派の方の為に、どんな衣装を着て射精する時には脱いでいるのか、全裸派の方の為に、どこで全裸になっているのか。

強いこだわりが有る場合は、着衣か全裸かで偏りが有れば、ここで見る見ないを取捨選択できます。

次にセックス・射精解説。

どの場所でセックスしてるのか、全編通して変化は有るのか。見ていて平坦な作品になっていないか解説しています。

特に射精シーンは、分かる範囲で全部書いています。フェラ抜きにしても口内発射なのか舌上発射なのか、手コキして男優さんのお腹に発射するのか。好みが分かれる部分です。

最後に特徴を解説。

題材にした葵つかささんのサンプル解説記事では、~夢の結婚生活~として書きました。

不倫物が多く、お互いが後ろ指差される事なく愛し合っている作品が少ない葵つかささんにとって、妻として求めてくれる作品は正に「夢の結婚生活」です。毎月1000本以上発売されるAVの中で、「何故このAVが良いのか」が分かる様に、オリジナリティが出ている部分について書いています。

ここまで読んで頂ければ、読者さんも自分にとって「買い」か「スルー」かの判断は、容易に出来ると考えています。

「買い」の人は、記事毎の下のリンクから買ってくれると嬉しいんですけどね笑

葵つかさ「清楚妻が金玉カラッぽになるまでチ●ポしゃぶりをやめてくれない」サンプル解説

SNSでの拡散

次に得たものとして大きいのは、SNSでの拡散です。

直近では中山琴葉さんや、七瀬アリスさんが記事をリツイートして下さり、多くのいいねやリツイートに繋がりました。


twitterを開くたびに、通知の所に数字が出ているのはとても嬉しい事です。

自分のエログのオリジナリティを出すために、自分の言葉をすべての記事で沢山書くようにしており、その言葉がtwitterを通じてご本人や、沢山のユーザーに届く瞬間は、エログを始めるまでは得る事の出来ない感情でした。

ここではAV女優さんに反応して頂いた事について書きましたが、日頃からいいねをしてくださったり、読んで頂いている方にも深く感謝しております。

エログを毎日更新する方法

3か月でいっちょ前に語るには大きすぎるタイトルですが、日常に落とし込む事が一番だと思います。

平日であれば、仕事から帰ってきて夕飯を食べてお風呂に入ると思います。意識してやっている事ではなく、日常的に勝手にやっている事ですよね。この日常に、サイトを更新する事を追加するだけです。

夕飯を食べなければ、なんかお腹が空いてしんどい。

お風呂に入らなければ、なんか気持ち悪い。

サイトを更新しないと、なんか落ち着かない。

といった具合に普段から行う事に加えると、やらないだけで身体が違和感を覚えます。違和感解消の為に更新するわけでは無いですが、お風呂から出ると勝手にパソコンを起動して、流れでネタを探して記事を書いています。

もし毎日更新を目指している人がいれば、日常の生活の何かにプラスすると良いと思います。自分の場合は「お風呂を出たら」がトリガーになっています。

また次のセゾンに向けて

2021年3月31日から毎日更新して3か月、AV速報は春を越えました。次の目標は夏を超える3か月後の9月30日の、毎日更新6か月ですね。

欅坂46は3rdシングルにて「二人セゾン」という曲を歌いました。セゾンはフランス語で季節という意味です。

僕の恋を歌詞にして歌う曲ですが、何もない同じ色の平凡な生活から、君は色を与えてくれた。二人で過ごしたセゾンは、掛け替えのない物だとしています。

もっと詳しく

「二人セゾン 二人セゾン 春夏で恋をして 二人セゾン 二人セゾン 秋冬で去って行く 一緒に過ごした季節よ 後悔はしてないか? 二人セゾン」

欅坂46 二人セゾン歌詞より引用

毎日更新する事で、視野が広がり今までとは違った季節に感じると思います。夏というセゾンを越えた時に、どんな自分になれているか楽しみです。

twitterでAV速報をフォローしよう!

新着記事はこちら

-雑談

© 2021 AV速報 Powered by AFFINGER5