当サイトはプロモーションが含まれております。

雑談

AVファン×AV速報連動企画「あなたの推し女優、教えて下さい。」第19弾

はじめに

皆で推し女優さんを紹介しあって、ファンの輪を広げていきましょう!

AVファン×AV速報連動企画「あなたの推し女優、教えて下さい。」第19弾

AV女優さんのファンの中には誰にも負けない熱意を持っている方や、深い知識を持った方。まだまだ好きになったばかりの方。

1人の女優さんのファンと一口に言っても、その出会いや応援方法・魅力の感じ方は十人十色です。

そこでAV速報として「もっと多くの女優さんを皆さんに知って頂きたい。好きになって頂きたい」という想いから、「あなたの推し女優、教えて下さい。」企画を始めました。

第19弾はサイト運営者である私が書きます。森日向子さんについて。

AV速報運営者 ざわちんが語る森日向子さん

森日向子さんとの出会い~作品編~

森日向子さんとの出会い。まずは1本の新作予約から。

2023年に入りセール作を買わなくなり、ほぼほぼ予約購入に絞っている私は、新作情報公開がある火曜日は全メーカーの情報収集に時間をかけていました。

自分はいわゆる「単推し」ではなく、メーカー・女優さん問わず抜けると思った作品を購入しているので、全メーカーチェックが習慣となっていました。

そんな中で見つけたのが、MOODYZから発売予定の森日向子さんのベロチュウリフレ作品。

 

男性客に寄り添うように見えてどこかどこか痴女っぽい。そして甘ったるい。何より顔が好みである上に高身長の女優さんがベロキス特化型の風俗作品となれば買うしかない!と予約しました。

自分が好きなキス特化型作品といえど、この時点で森日向子さんの作品を1本も購入していなかったので、予約メインの買い方をしていても、少し賭け的な買い方です。

迎えた配信当日、夢中でシコリ倒しました。台詞回しも表情の作り方も完璧で、完全にベロチュウリフレの世界に没頭させてくれる。そんな演技でした。

タイトル通り、「脳がトロけて」な状況に!

こんな女の子に「裏サポする?」なんて問われたら、財布が空になるまでオプション追加&延長するに決まっています!

次に話したいのは作品ではなくリアルでの出会いについて。

森日向子さんとの出会い~リアル編~

森日向子さんにリアルで出会ったのは、デビュー3周年を記念したRed Dragonイベントにて。

Red Dragon出勤の情報に関しては森日向子さんのInstagram/ストーリーズにおいて、Red Dragon公式サイトのリンクだけが添付された投稿が1件ありました。

「これはもしや出勤か!?」と思い、毎日Red Dragonさんの公式サイト・Twitter・Instagramを何度も確認し、出勤情報をキャッチしました。

当然、予約の電話を入れて向かう事に。キャバクラ通い5年の経験上、開店時間が一番空いているので、20時からで予約。

迎えた当日、予定より早く六本木についてしまった為、近くのチケット制のバーに入りビールをオーダー。

入り口はカジュアルな様子でしたが、奥の方は所謂港区女子と高圧的な男性しかおらず、少々ビビっていました。

そうこうしている内に時間が近づいてきたので、残りのチケットでテキーラを煽り、いざ六本木Red Dragonへ。

ボーイさんに案内され席に着き、システムの説明を受け終えると現れたのは、黒いロングドレスに身を包んだ森日向子さんが。

予てより私のSNSやTwitterを見て下さっており、お互いの認知が出来ている状態でしたので会話もスムーズかつ楽しいものでした。

もちろんオリジナルシャンパンをオーダー。自分の声の昂ぶりから、テンションがおかしくなっているのが分かると思います。

AVが大好きであり、キャバクラが大好きな自分。そして推し女優さんがキャバ嬢として隣に座っている時間は、今も脳裏を離れません。

ポイント

香水はお揃いです

森日向子さんの魅力

森日向子さんの魅力はやはりビジュアル。

業界内では稀な高身長モデルスタイルであり、キレイ系の顔立ち。自分はお姉さん系の女優さんが特に好きですから、ドストライク直球ど真ん中です。

その上でAV女優としての演技力・セックススキルも申し分なく、いかなるシナリオに適合しております。

痴女系やイチャイチャ系がメインでありつつも、凌辱系もガッツリこなせる。だからこそ、キカタン女優として引っ張りだこであり、FANZA月間AV女優ランキング一桁台を獲得する女優さんだと。

中でもプレイ面は変化に富んでおり、前半は男性を美脚やお口で骨抜きにしてリードしていたかと思えば、終盤にはピストンで喘いでアヘアヘになっているギャップが何とも可愛らしいです。

このギャップを上手く作れる女優さんは、作品上でチャプター毎の色を付け易く、120分通じて見応えがあり中だるみしない作品になるのです。森日向子さんの作品は常に最後まで新鮮な気持ちで、チャプター別の抜き所がしっかり用意されているのです。

だからこそ安心して作品を買えますし、ずっと応援し続けられる。

キカタン女優さんで人気が出ると多くのメーカーから様々な作品に出演するようになります。

ファン目線で言えば人気女優故の買いにくさが生まれてくるはずが、森日向子さんの場合は無いのです。すんなり手に取り、配信開始になれば抜き応え抜群。

私にとって一人の好きな女性でありますが、もう一つの視点で言えば、いつも気持ち良くオナニーさせてくれる女優さんです。

実力が高くなければ推せない。

森日向子さんのイチオシの一本

森日向子さんのイチオシの1本は、ピンサロ大好きスズタケ監督の「【VR】これぞ8K VR!!顔面偏差値が高いキャバ嬢とアフターでホテル密会 森日向子」です。

キャバ嬢とのアフターホテルデートを描いた作品で、森日向子さんがキャバ嬢デビューした頃から指名し続けている男性が主人公。

「Elegance TOKYO」というキャバクラにてナンバーワンになるまで、指名し続けた思い出を振り返りながらするセックスが至高です。

キャバ嬢となかよくなり、ホテルで新しいドレスのお披露目会をし、キャバクラごっこをしてドレスを着たままセックス。

会話はお店での出来事や思い出話・・・

キャバクラに通っている人でしたら「あるあるトーク」が忠実に再現と感じられるはず!

演技指導や会話の内容が何処まで用意されていたのかは分かりませんが、今すぐ六本木のキャバクラ・ラウンジで余裕で働けるような、そんな会話運びでした。キャバ嬢としての立ち回りが分かっています。

リアルでの出会いでRed Dragonに触れた様に、作品上でもキャバクラ嬢として森日向子さんに触れられる。

そんな夢の様な作品が「【VR】これぞ8K VR!!顔面偏差値が高いキャバ嬢とアフターでホテル密会 森日向子」なのです!

詳細レビューは記事の最後に掲載いたしますので、是非お読み頂ければと!

森日向子さんに読んで頂き、Instagramに掲載して頂きました!

↑AVNEWSFLASH.COMは当サイトのアドレスです。

森日向子さんのファンとしての意気込み

森日向子さんのファンとして、出来る限りの事は全て実行していこうと考えています。

彼女のファンであり、AV情報総合サイトの運営者でもあるので、その両面から応援出来ればと。

つまり作品予約やレビューはもちろんの事、自分のサイトを通じて情報を発信し続け、1人でも多くの森日向子さんのファン仲間を作っていきたいです。

他にはイベントにもっと参加していきたいですね!今年はRed DragonとSoxSocksの一日店長イベントの2回参加しました。

最後に締めの意気込みを。

仕事というものは、何時終わりが来るか分かりません。急に明日辞めたくなるかもしれないですし、無限に働き続けたいと思うかもしれない。

それは私含め皆さんも同じ状況であり、AV女優さんも同じ。「転職」「退社」は何も珍しい話ではありません。

珍しい話ではなくとも、転職の2文字に内包される思いは人それぞれ。前向きな気持ちで笑顔で転職する人が居る一方で、人間関係やスキルで悩み、逃げるように転職する人も当然いらっしゃいます。

AV女優さんにおいては「もうやりたい事はすべてやり切った!満足した!」「また新たな目標が出来た」と引退を発表する女優さんがいらっしゃれば、売上が立たず人知れず引退する女優さんも。

年間稼働2,000人と呼ばれるAV女優界の中で、引退を発表する方が珍しいのです。

となればファンとしては森日向子さんが「もうAV女優としてやりたい事はすべたやり切った!満足した!」と達成感に包まれながら引退を発表するその日まで、応援し続けていきます。

絶対に売上が立たないから引退するしかない状況にはさせないです。これが私の意気込み、ではなく決意です。

決意の表れとして、Red Dragonで来年の6月ないし7月。4周年を一緒にお祝いします。本人と交わした約束です。

 

 

 

 

 

 

Red Dragonに行ってきた!森日向子3周年イベントレビュー

森日向子のナンバーワンキャバ嬢アフターデート8K VRレビュー【☆5.0】

森日向子の脚で射精させる甘サド美脚お姉さんレビュー【☆5.0】

森日向子の濡れ髪女上司顔面特化アングルVRレビュー【☆5.0】

森日向子のベロチュウ制服リフレ裏オプ中出し連射!!レビュー【☆4.5】

 

AVファン×AV速報連動企画「あなたの推し女優、教えて下さい。」第18弾

AVファン×AV速報連動企画「あなたの推し女優、教えて下さい。」第17弾

twitterでAV速報をフォローしよう!

新着記事はこちら

-雑談
-

© 2024 AV速報 Powered by AFFINGER5