AVの楽しみ方

アダルトVRで抜けないと思っている人が持つ違和感の正体

はじめに

アダルトVRの違和感とは

アダルトVRで抜けないと思っている人が持つ違和感の正体

アダルトVRを一気に沢山見て感じた違和感

アダルトVRーーーそれはAVの世界に入り込むことが出来る夢の商品。

ヘッドギアを付けて目の前に広がるのは、素敵なAV女優さんの裸体で自分にキスしてくれたり騎乗位で挿入して動いてくれたりする。確かに抜ける、抜ける事に間違いはない。

それでも2DのAVをこよなく愛し、アダルトVRは買うものの今でも2DAVを多く購入している人は、自分含めまだまだ多いのではないでしょうか。

AV女優さんの身体を手に出来るのに何故抜けないのか、この違和感の正体を探るべく、2DAVとの違いについて着目しながらアダルトVRを見てみました。

共通して言える事は「シナリオの薄さ」

2DAVとの違いを探してアダルトVRを見ていると、作品の最初にある事に気付きました。それは2人の関係性を描くシーンが少なすぎる事です。

目の前にいる女性とはどんな関係なのか、なぜ今2人はここに居るのか。セックスに至るまでの背景が薄い場合が多いです。

例えばエスワンナンバーワンスタイル専属 河北彩花さんの初VR

VRデビュー作なので、「VRデビュー頑張ります!」の形で撮ることが出来たはずですが、あくまで「VRの世界に入り込んだ2人」という体で撮られています。しかも河北彩花さんは「次はもっと上手くなっておくね。また会おうね」と言って映像が終わる。

アダルトVRレビュアーのバサラとキオさんは、全てのVRユーザーへのメッセージであり、またVRに出るからこれからもよろしくね。 と解釈しました。

⇒バサラとキオさんのtwitter:https://twitter.com/basaratokio

確かに新しいVRに河北彩花さんが出てくれたらランキング1位は確定ですし、私も見てみたいです。

でもVRデビュー作に焦点を当てた時、抜けるVRだったのかと疑問が残ります。登場人物と視点がひっちゃかめっちゃかで、何を伝えたいのかが不明確なんですよね。かといって激しいセックスをする訳でも無い。

ポイント

・デビュー作っぽい明るい照明にぽつんと置かれたソファー

・デビュー作らしいインタビュー

・「もっと私のこと知ってほしいな」と脱ぎ始める繋ぎ方

・いつしか2人は元々関係性が有ったかのような世界観

・最後はユーザーへのお知らせ

ユーザー側には「シナリオを読み間違える権利」が有る事は以前記事にしましたが、ここまで散らかっていると読み取る事すら難しいと思います。

謎の鏡とモニター

2人の関係性が伝わる作品は幾つかありますが、それでも違和感を感じる演出はまだまだ有ります。代表的なのはベッドの横に置かれがちな謎の鏡とモニターです。

2DAVの様に縦横無尽にカメラを移動できないので、別の視点を増やす為の施策だと理解していますが、現実的には有り得ないものですよね。

彼女とセックスしているのに、横からカメラで撮ってモニターに映し出しますか?わざわざ姿見を横に倒して彼女の身体が全身映る様に置きますか?撮らないですし、置きませんよね?

AV女優さんの身体を撮る為の演出が、没入感を阻害する演出になっています。

ラブラブ設定でアダルトVRを見る時のファンタジーは、AV女優さんの存在だけであって、部屋はあくまでリアリティ有るものではないと、「あぁ、これはAVを見てるんだったな」と思ってしまいます。

冒頭に2Dのシナリオシーンを入れるのも有りでは?

ここまで私が話をした違和感の正体は2つ

ポイント

・2人の関係性の表現の薄さ

・現実的では有り得ないベッドの横の鏡とモニター

まず2人の関係性の表現の薄さは、チャプター1として5分10分でもいいので2Dで表現しても良いんじゃないかと思っています。

VRではないので、「2Dモードで見て下さい」と最初に説明を入れる必要が出てきますが、いくつかのアダルトVRで「このチャプターは座った姿勢で楽しめるものです」等の説明が入るので、同じ要領で2Dである事を伝えれば良いかと。

2つ目のモニターと鏡は使わなければOK。あくまでカップルや不倫設定の場合は無くせば良いのであって、「学校の男の子たち!全員抜いてあげるわよ!」的なお祭り作品は置いても良いかと。AV女優さんの存在だけでなく、設定もファンタジーなので。

アダルトVRは世界に入り込んで見るのか、ただのエッチ映像として見るのか

私があげた2つの違和感は、アダルトVRの世界に入り込んでみた場合の視点です。

皆さんVRの魅力を「AV女優さんとセックスしているかの様な感覚」と言うので、入り込んだ視点での違和感を書いています。

この違和感に共感して頂けた方は、まずサンプルで鏡やモニターが使われていないか要チェックです。そして紹介文で2人の関係性が描かれているかもチェックしておきましょう。

AVとして「ただエッチな映像で抜きたい」と思うなら、違和感を感じない筈なので、気にせずに好きなAV女優さんのVRを買っていけばよいと思います。

 

2人の関係性をしっかり描いた作品を見たいなら、KMPさんの作品がお勧めです。特に宮迫メンバー監督の「天井特化シリーズ

紹介文でカップルなのか幼馴染なのか、しっかり書かれていますし作中でもどんな関係なのか分かるセリフが多く盛り込まれています。安心して「アダルトVRの世界」に入り込めますよ。

 

管理人
次の記事もお勧めです!私のAV論

AVはデビュー作が大人気の理由 初物好きは日本人だけ?

AVレビュー「脱ぐまでに30分掛かったので☆2」が浅すぎる理由

twitterでAV速報をフォローしよう!

新着記事はこちら

-AVの楽しみ方
-

© 2022 AV速報 Powered by AFFINGER5